【裏技】中卒から超・難関有名大学に入学する方法

 

最終学歴が中卒から、超・難関有名大学へ入学を可能にする方法があります。

1.通信制大学が実施する特修生制度
2.入学を希望する大学の編入学制度

この2つの制度を使った方法です。

※中卒者だけでなく高卒中退者(高卒資格がない方)も、通信制大学の特修生制度を利用できます。

 

 

 

通信制大学が実施する特修生制度

『特修生』とは、別名「入学資格取得生」と言います。普通は“高卒資格”がないと大学進学は出来ません。しかし高卒資格のない中卒者・高校中退者が、通信制大学が定める科目を履修し、所定の単位を修得すると正科生(大学卒業を目指す学籍)になることを認められる制度です。

ただし特修生制度には、注意点があります。下記の記事を参考にしてください。

通信制大学の特修生制度を詳しく知りたい!
「中卒者や高校中退者は、最終学歴は“中卒”だけど、社会に出てみて、やっぱり大学に進学して学び直したくなった!」というあなたへ。「今さら高校に再入学したり、大学受験のためだけに高卒認定試験を受けるのは面倒だ!」 と考えているあなたへ。朗報です...

 

大学編入制度

『大学編入制度』とは、専門学校や短期大学の卒業後、4年制大学の3年次(または2年次)への途中入学ができる文部科学省が認めている制度です。

全国にある700校以上の国公立大学、私立大学のうち、約7割以上の大学で編入学を実施され、約7,000人が毎年4年制大学に編入学しています。

「やる気」と「希望する大学の編入学試験対策を緻密に研究する探究心」さえあれば、編入合格できる可能性が十分あります。ぜひ、大学編入制度を上手に活用し、本当に行きたい大学への合格(成りたい自分)を勝ち取りましょう!

 

※各大学・学部ごとに編入年次が異なります。事前にチェックが必要。

 

大学編入のメリット

①一般入試より入試科目が少ない

国公立大学、私立大学とも、試験科目は英語・専門科目・小論文・面接が主流です。ポイントとしては、特に英語を重視する傾向にあります。

②浪人するより経済的に安い

浪人して予備校に通う場合、必要になる費用は110万~150万円程度(相場としては130万円前後)。大学3年次に編入すれば、最短2年間で大学を卒業することができ、経済的な負担が軽くすみます。

③国公立大学・私立大学、複数校受験可能

大学編入学試験は、国公立大学・私立大学ともに、一般入試時期と違い、大学独自の日程で実施されます。スケジュールを上手にやりくりすれば、複数校の受験が可能です。

 

3年次編入できる超・難関有名大学

(2023年度編入試験要項から)×編入試験実施しない大学

旧七帝国大学

北海道大学:教育学部、法学部、理学部

東北大学:経済学部

東京大学:×

名古屋大学:文学部、人文教育学部、法学部、経済学部、情報学部

京都大学:法学部、経済学部

大阪大学:人間科学部、外国語学部、法学部、経済学部

九州大学:理学部

有名私立大学

慶應義塾大学:×

早稲田大学:×

明治大学:文学部、情報コミュニケーション学部

法政大学:文学部、法学部、社会学部、経営学部、現代福祉学部、キャリアデザイン学部、スポーツ健康学部

立教大学:×

同志社大学:神学部、文学部、社会学部、法学部、商学部、文化情報学部、理工学部、生命医科学部

立命館大学:理工学部

関西学院大学:神学部. 教育学部. 理学部

関西大学:文学部、法学部、商学部、社会学部、政策創造学部

 

※編入学の募集していない大学また学部があります。ぜひ【希望される大学名+編入学試験】で検索してみてください。